時間管理の仕方を工夫

医療職についた看護師にとって大きな悩みとなりがちなのが、残業の多さです。病院勤務をしていると急性期などの忙しい診療科では毎日のように残業になってしまって、家に帰っても眠るだけの生活になってしまう日々になりがちでしょう。

残業の多い職場でも残業をしないコツとして覚えておきたいのが、時間管理のやり方です。医療職についた看護師の仕事は基本的にはサービスとサポートであり、相手に対して最大限の貢献をするという姿勢が欠かせません。必然的に相手の都合に合わせることになるため、予定通りに仕事が進まない場合が多すぎるのが、残業を増やしている原因になります。しかし、どうせ予定通りに進まないからと時間管理を適切に行わず、その場での臨機応変な対応でうまく仕事をしていけるようになるという考え方は賢くありません。それができるなら既に残業をしない生活を送れているはずです。

基本に戻って、手帳を使った時間管理を実践してみましょう。コツとして覚えておくと良いのが、毎朝必ず一日の計画を立てることと、大きめの手帳を選ぶことです。朝に全体像を把握しておくとやるべき仕事の流れは記憶にとどめておけるため、仕事の追加や変更があった際にどのように組み合わせていけば良いかが考えやすくなります。その際に手元に広いスペースがある手帳があると書き込みがしやすく、予定変更に余分な時間をかけずに済むでしょう。こういったコツを理解した上で実践してみると、忙しい医療職でも残業に悩まされることが減っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です