同じ病院でも残業の少ない現場

Leave a comment

看護師が働き続けられるかどうかを思い悩む一つの原因が、残業です。若いうちはそれほど気にかからなくても、加齢と共に体力が不足してきてしまったり、ワークライフバランスを考えて辛く感じてしまったりするのは珍しいことではありません。そのため、残業をしないコツを知るのが医療職で働いて行きたい看護師にとっては重要です。

最も単純な方法として覚えておきたいのが、もともと残業が少ない現場を選んで働くのに勝る方法はないということでしょう。残業が少ない現場は、基本的には急性期患者が少なかったり、入院がない診療科だったりするのが一般的です。同じ病院であっても診療科によって訪れる患者層に違いがあるため、ある診療科では常に急患や急変の患者があって連日残業になるのに対し、別の診療科では慢性期患者ばかりでほとんど予定通りに仕事ができるということがよくあります。勤めている病院の各診療科の状況を掴んでおいて、予め残業の少ない診療科を選んで働くようにするのは残業をしないための賢い方法です。

また、全般的な傾向として手術室は予め勤務が長くなる日は明確になっていて、追加で残業が起こるケースが少ないのが特徴となっています。献血ルームも入院設備がないために時間外の仕事が生じにくいため、残業が少なくて済みます。こういった視点を持ってどこで働くかを考えておくのが残業をしないコツであり、医療職の中でも働き方に大きな違いがあることを知って、将来を見越した診療科選びをしておきましょう。