職場の雰囲気を変える

Leave a comment

医療職で残業をしないコツは、残業をしないという雰囲気を作り出すことです。もともと残業があるから仕方ないという考えの人や、残業があることで多くの経験を積めたり、収入が増えたりすることに魅力を感じている人が多い場合には困難かもしれません。特に管理職が残業を当然と考えてしまっていると、必然的に仕事が毎日増えていくでしょう。その雰囲気を変えて、誰もが定時までに仕事を終わらせられるようにしようという気持ちを持つ職場になると、残業をする頻度が少なくなっていきます。

実際にそういった職場はしばしばあり、特に育児中の看護師に配慮して雰囲気作りが行われているケースが多いのが特徴です。互いに協力して全員で仕事を終わらせようという動きができると、一人に仕事が偏ることもなく、全体として効率的に仕事ができるようになります。現場によっては管理職がそれを良しとしない場合もあるため、自分が管理職になって現場を変えるという気持ちが必要になる可能性も考慮しましょう。

あるいはそういう雰囲気が作れる現場を探して、転職する可能性も考えるのが残業をしないコツです。キャリアアップ志向が強い現場では特に残業を気にしない人が多いため、雰囲気を変えていくのは困難になりがちです。その場合にはあえてキャリアアップを目指さずに、働きやすさを優先して職場を選ぶようにしましょう。雰囲気を変えられるかどうかは自分一人の努力にかかっているわけではなく、全員の意識が必要だからです。