記録の仕方を見直そう

医療職で働いていると残業が多くなる傾向が強いですが、看護師が残業をしないコツとして、その内容を吟味してみる価値があります。医療職のほとんどの人が残業時間に行っているのは記録であり、患者の経過記録をまとめて記載したり、申し送りを確実に行うためのノート記録をつけたりするのが主な内容です。一日の最後に溜め込んでしまいがちなこの作業に工夫をするだけで、残業を減らせるでしょう。

医療現場では正確な記録をつけるのは重要なことですが、大量に情報を記載するのも無駄な作業です。必要十分な内容で手短にまとめられるかどうかが、記録に求められるスキルとなります。最小量の記録をするように心がけていくと無駄な時間を過ごさずに済むでしょう。最初のうちは情報量が足りないのではないかと不安になってしまいがちですが、人に見てもらえば過不足の判断も容易です。特に申し送りの内容を削減できると残業を減らしやすいため、毎回内容が十分だったかどうかを確認すると良いでしょう。

ベテランの看護師の記載内容を何度も見返して、何が必要で何が不要かを理解するのも重要なスキルアップとなります。そして、その記載を一日の最後に行わずに、隙間時間にできるように意識するのが残業をしないコツです。後でやれば良いと思ってしまうから溜め込んでしまうのであり、全てその場で終えるようにしていると残業に回される量が少なくなります。残業時間の大半が記録の仕事に占められているという事実を知ると、工夫のしがいもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です